肌を甘やかさないエイジングケア。

40代からのオルビスユー

オルビスユーは40代に合わない?

 

評判の良い新オルビスユーを試してみたいけど、自分に合うかどうか心配という方はいませんか?

基本的には30代頃からのエイジングケアのためのアイテムとのことですが、40代や50代で使っても問題ないのか、そのあたりも気になります。

ここでは新オルビスユーのウォッシュ(洗顔)、ローション(化粧水)、モイスチャー(保湿液)の口コミを比較しています。

こちらをご覧いただくことで、単品での購入を検討されている方であれば、どのアイテムから始めるのが良いのかの参考にしていただけます。

トライアルセットを検討されている方であれば、自分に合わない可能性のあるアイテムについてあらかじめ知っておくことができて、安心できますよ。

 

40代には合わない?洗顔「オルビスユー ウォッシュ」の口コミ

オルビスユー 洗顔の泡立ち
2018年のリニューアルで一番変化したのがこちらのウォッシュ。モロッコ溶岩クレイを配合し、クレイ洗顔になりました。

角のたった生クリームのようなしっかりとした泡は大好評。モコモコの泡で洗うのが好きな人なら、毎日の洗顔が楽しくなるでしょう。

でも注意点もあって、それは洗浄力がそこそこ高いということ。皮脂の分泌が多くて毛穴の詰まりが気になる人なら大歓迎かもしれませんが、乾燥肌の人や肌の弱い人だと刺激を感じるかもしれません。40代以降の方でも皮脂の分泌があり、肌が丈夫な人なら問題なさそうですね。

『泡の半端ないモフモフ感にびっくり。これまで使ったことがある洗顔料で泡立ちは一番』

『クレイ配合で泡立ちが良い洗顔ですが、少し刺激が強い気がしました』

『少しの量で泡だって毛穴汚れがキレイになります』

『毛穴の黒ずみがかなり薄くなり、洗顔後のスキンケアの浸透力も上がった気がします』

『1回洗顔しただけでお肌に弾力が生まれてプルプルに。肌質が若返った気がします』

 

 

公式サイト>>>オルビスユー

 

乾燥対策できる?保湿液「オルビスユー モイスチャー」の口コミ

モイスチャーについては言いにくいのですが、そんなに反応がよくない印象です。このモイスチャーは化粧水の後に保湿の目的で使うもの。乳液や保湿クリームの代わりになるものです。

オイルカットということで保湿できるのか心配ですが、口コミを見ると保湿については大丈夫のようです。でも、一部にベタつきやテカりを指摘する声がありました。

これはひょっとすると、「頬ピーク」のコンセプトが理解されなかったせいかもしれません。オルビスユーではエイジングを左右するのは頬のハリ、ツヤ、明るさによる「頬ピーク」だと考えています(資生堂エリクシールの「ツヤ玉」とちょっと似ているかも)。

頬のハリ・ツヤを狙った処方がベタつき・テカりとしか受け取られなかった可能性も。着眼点は今風だし、すごく良かったのに、それが上手く伝わっていなかったのだとしたらもったいないですよね。

『グリセリン系の保湿液ならではの柔らかさ。潤い感とさっぱり感のバランスが調度良くまとまっています』

『同じラインの洗顔はそれなりに良く、化粧水もまあまあ。でも、こちらは合いませんでした。テカテカ、ベタベタの使用感が苦手』

『塗った直後はベトベトしますが1時間くらいで気にならなくなりました。乾燥していた部分も良くなりました』

『これで保湿して、その後にオイルでカバーすると肌がしっとりした状態が続きます』

『上から見ると水滴のようなカタチになっていてフタも開けやすく、使う人のことを丁寧に考えているなと』

 

 

公式サイト>>>オルビスユー

 

40代からも高評価!化粧水「オルビスユー ローション」の口コミ

新オルビスユーの3アイテム

 

オルビスユーを試すとなったら、まず最初に手にとるのはローションではないでしょうか。幸いなことに、こちらのローションは非常に評判がよく、3つのアイテムの中では明らかに優等生です。

評価のポイントは高い保湿力。そして、「トロパシャ」と呼ばれる独特のテクスチャーです。トロっとしているのが嫌いな人はやめておいた方が無難ですが、そうでなければ心地よく使えるでしょう。

特にローションに関しては幅広い年齢層の方が使っても問題なさそうです。実際、40代だけど問題なかったというクチコミもありました。

『トロッとしたテクスチャーなのに肌にのせるとパシャとします』

『首に垂れてこないところがいい!小鼻の毛穴も小さくなってきました』

『皮脂が多い肌質ですが、こちらはベタベタせず、コンディションが良くなりました』

『アラサー向けかと思いましが、保湿化粧水としてはアラフォーの自分にもぴったりでした』

『保湿力が高く肌がもっちりします。化粧水だけでこんなにしっとりするのは驚き』

 

 

公式サイト>>>オルビスユー

 

新オルビスユーが合う人、合わない人

次に当てはまる人は新オルビスユーが合っている人と言えるでしょう。

こんな人は大満足!

  • モコモコの泡で洗顔したい
  • 毛穴が気になっている
  • トロっとしたテクスチャーは嫌いじゃない
  • シンプルケアが好き
  • 肌自身の力で潤いたい

どうですか? もし当てはまるようなら、せっかくだから試しておきたいですよね。そんなときに便利なのがトライアルセットです。

オルビスユーには、3つのアイテムを7日間使えるトライアルセットがあります。

  • ウォッシュ(薬用洗顔料)14g
  • ローション(薬用化粧水)20ml
  • モイスチャー(薬用保湿液)9g

オルビスユーのお得なセット

新オルビスユーの魅力を体験するなら、やっぱりライン使いですよね。しかも、今なら2019年9月1日に発売されたオルビスユー セラム(7回分)も一緒に試せちゃいます!

オルビスユー セラムのプレゼント

オルビスユー セラムは先行型美容液で、洗顔の後に使用することでその後のスキンケアの浸透を高めてくれるもの。ブースターなんて言い方もしますよね。「年齢的にオルビスユーが合うか心配…」という人でも、このセラムなら浸透力や保湿力をサポートしてくれるから心強いよね。

さらに、使いやすくて衛生的な今治タオルも付いてきます! このお得なキャンペーンはいつまでも続くというわけじゃないから、試してみたい人は無くなる前に早めにチェックしておこう。

オルビスユーのトライアルセット

トライアルセットは送料無料。開封後でも30日以内なら返品okだから安心です。たいていの地域では購入した翌日には届けてくれるのですぐに試せるのもうれしいですね。

モコモコの泡、トロパシャの化粧水ってどんな感じなんだろう…なんだかワクワクしますね。与えすぎないスキンケアで、どんなふうに肌にハリが出てくるのか楽しみです♪

 

今なら!980円


商品購入ページへ


オルビスユーのトライアルセット

オルビスユーはどの年齢層の肌悩みに合うのか

ここで、オルビスユーと年齢にともなう肌悩みの関係について、客観的に整理してみましょう。

肌の状態は年齢とともに変化し、これにともない肌悩みも変化していきます。オルビスユーはどの年齢層に肌悩みに一番マッチしているのでしょうか?

まず年代別の肌悩みを集計した興味深い調査結果を引用します※

▼20代の肌悩み

  1. 毛穴の開き・詰まり(31.4%)
  2. にきび・にきび跡(31.2%)
  3. シミ(19.3%)

 

▼30代の肌悩み

  1. シミ(21.9%)
  2. たるみ(15.8%)
  3. 毛穴の開き・詰まり(15.1%)

 

▼40代の肌悩み

  1. たるみ(36.1%)
  2. しわ(29.4%)
  3. シミ(21.8%)

 

▼50代の肌悩み

  1. たるみ(49.2%)
  2. しわ(32.8%)
  3. シミ(19.7%)

※「年代別の肌悩み(10~50代女性) アンケート調査結果」
(https://womanslabo.com/marketing-20170914-2)

 

このように20代では、毛穴やニキビの悩みが中心です。

これに対して40代、50代では、たるみ・シワが悩みの中心に変化します。この2つは20代には見られないものです。

興味深いのは30代で、優先順位は下がってはいるものの、20代に見られた毛穴の悩みは健在です。また、40代以降の肌悩みにも出てくる「たるみ」が登場しています。「たるみ」は30代の肌悩みに現れて以降、40代、50代と年齢を重ねるにつれて悩みを訴える人の割合が増えていくのが特長です。

40代以降で問題になるシワに関しては、30代ではそこまで問題になっていないようです。

50代がオルビスユーに期待できる効果とは

さて、オルビスユーのターゲットは主に30代です。

オイルカットされているので、皮脂の分泌が原因で毛穴が開いたりニキビができたりする人にはとても良さそう。

また、肌に潤いを与えてくれるので、水分量が増えることによる肌のハリの回復を期待できそうです。肌のハリを保つことで、たるみの予防にはつながると思われますが、たるみを改善する成分が入っているわけではないので、本格的なたるみ改善となると難しいのではないでしょうか。

最後に、40代以降の肌悩みの中でも重要なシワについては、乾燥小じわまでは対策できても、深いシワに対してはやはり改善は難しそうです。オルビスユーには深いシワにアプローチする成分は特に配合されていないからです。

50代がオルビスユーに期待できるスキンケアの効果については次のように言えるでしょう。

50代であっても、30代の肌に見られるような毛穴の開きや詰まりが気になっている人には、オルビスユーはとても良いでしょう。

また、30代にも50代にも共通して見られる肌悩みである「たるみ」が気になっている人に対しては、ある程度の予防の働きが期待できそうです。

ただし、ひとくちに「たるみ」といっても、そこには程度の問題があります。

30代の肌は、たるみの前兆が現れているくらいですから、少しだけサポートしてあげれば肌自身の力で回復を期待できます。

これに対して50代のたるみは、前兆の段階を通り越して本格的なたるみに発展しているケースが多いはず。こうなると、肌を少しだけサポートするだけでは足りず、本格的なエイジングケアの成分を肌に与える必要がありそうです。

特に、深いシワに関してはオルビスユーによる改善は期待できないため、別の対策が必要です。

口コミにもあった通り、50代でもオルビスユーを基本のスキンケアに使うのはありですが、足りない分を美容液などで補うなどひと工夫したいところ。

トライアルセットでもらえるオルビスユー セラム(先行型美容液)などを併用すると良さそうです。

 

 

公式サイト>>>オルビスユー

 

40代も使える?新オルビスユーのキャッチフレーズで分かる年齢層

もともとファンの多かったオルビスユーは2018年10月末にリニューアルして評判も上々のようです。ただ気になるのは、「ちょっと年齢層が合わないんじゃないの?」という人まで手に取ってしまうこと。

オルビスユーは潤いが売り。確かにこれで潤う人も中にはいますが、肌に合わないと乾燥もするし肌荒れもするでしょうね。

何もオルビスユーをディスりたいわけではないのです。むしろ、オルビスさんがわざわざ「あなたにこの化粧品は合いませんよ」と言ってくれているのに、「私も、私も」と本来のターゲットでない年齢の人まで買ってしまう現象に興味を持ったのです。

何が原因なのか? それはオルビスユーのキャッチフレーズが秀逸すぎること。どれも女心をくすぐります。それを見て、真意を理解しないまま『欲しい!』と即決すると失敗します。大切なのは自分がオルビスユーのユーザー層に当てはまるのか当てはまらないのか。

ここでは、新オルビスユーのキャッチフレーズやイメージ戦略を手がかりに、正しいターゲットを読み取ってみましょう。

結論から言うと、オルビスユーのキャッチフレーズはどれも「オイルが含まれていません。皮脂の分泌が十分でない年齢の人は使わないでください」の言い換えです。当然ですが、年齢を重ねると皮脂の分泌は低下していきます。

解釈①「与えるだけのエイジングケアに終止符を」

ここでいう「与える」というのはリッチな美容成分のことですが、当然油分のことも含んでいます。油分はあくまでも自前で、水分を保持できるコンディションを目指しましょうという意味。ただし、「その気になれば必要な皮脂を分泌できる人に限る」を補って解釈するのを忘れずに。

解釈②「目指すは、肌のセルフコントロール」

これも同じですが、要するに天然の保湿成分である皮脂は自分で出そうよ、セルフコントロールしようよ、という意味。

解釈③「原因は、30代からの停滞による肌の細胞脱水でした」

確かに乾燥の原因に水分不足はあるでしょう。でも油分不足も乾燥の原因になるはず。そのことにふれないのはなぜ? 答えは書いてありますね。「30代からの」と。油分不足になるのは40代くらいからですから、30代ならまだ大丈夫です。ここでいう「30代から」という表現は、40代も50代も60代も含む30代以降のすべての年齢層ではなく、30歳前後の層を限定的に指していることに注意。

解釈④「30代からの分岐点エイジングケア」

上でもふれた通り、「30代から」というのは30代以降のすべての年齢層を示すのではなく、これからエイジングケアを始めてみようかなという30歳前後の層を示しています。これが新オルビスユーの正確なターゲットなのです。

確かにこれまでエイジングケアの必要性を感じなかった30代なら、肌もまだまだ若いですから自分の力でどうにかなります。オルビスが指摘するように、中には必要以上に美容成分や油分を肌に与えている人もいることでしょう。そういう人なら引き算のスキンケアが功を奏す可能性は十分にあります。

CMタレントは30代?40代?それとも50代?

さて、ここまでオルビスユーが合う人、合わない人について見てきました。自分がどちらに該当するのかイメージが湧いてきましたでしょうか。

まだどちらなのか判断に迷うという人に、最後にとっても簡単な方法をお伝えします。

どの化粧品でも、その化粧品の価値を正確に、魅力的に伝えてくれるタレントさんを起用しているものです。当然、そのタレントさんが与えるイメージは、その化粧品を本来使うべきユーザーの属性に一致しているはずです。

ということは、オルビスユーが起用しているタレントさんによって表現される属性に、自分が当てはまるかどうかを考えてみればよい、ということになります。

リニューアルしたオルビスユーが起用するタレントさんは黒田エイミさんという方です。

黒田エイミさんはオルビスユーのリニューアルの時点で30歳だったそうです。年齢よりもずいぶん若々しく見えますが、それでも30代になったばかりの人です。

つまり、黒田エイミさんのような年齢層の人、黒田エイミさんのような肌体質の人、黒田エイミさんの肌が必要としているような美容成分を同じように必要としている人、がオルビスユーのユーザー候補になるわけです。

もちろん、肌年齢は個人差が大きいので、実年齢は50代だけれど肌年齢は30代という人も中にはいることでしょう。そういう場合は、たとえ40代でも50代でもオルビスユーを使えば、満足のいく結果が得られるはずです。

ただし、見栄をはるのは禁物。

本当は年相応の肌年齢なのに、「いや、私はいつも10歳は若くみられるから」と、意地になって若い子が使う化粧品にこだわっていると結局困るのは自分です。

なぜならば、すべての化粧品は、対象年齢の人が肌に与えた方が良い成分を中心に作られているからです。

まだ20代の人が50代用の美容液を使ったら、まだ与えなくていい成分まで肌に与えてしまうでしょう。

反対に、50代の人が30代用の美容液を使ったら、本当は肌に必要な成分を補いきれないでしょう。

ここで、ひとつ具体的な比較対象を挙げましょう。松田聖子さんを起用したアスタリフトのCMです。

松田聖子さんは50代半ばを過ぎていますから、オルビスユーの黒田エイミさんよりも25歳くらい年上です。

当然、松田聖子さんの肌は、黒田エイミさんの肌だったらまだいらない美容成分も必要としているはずですよね。

例えば、アスタリフトにはヒト型セラミドという高価な成分が2種類含まれています。しかも、その2種類は年齢によって失われやすいタイプのセラミドです。

セラミドは肌にもともと含まれる保湿成分なので、本来なら肌が自分自身で作り出すことができるもの。ただし、セラミドを作り出す力は加齢とともに衰えていきます。

もちろん肌が自ら潤うのなら理想的ですが、40代、50代の肌にそれを求めます?ということなのです。

話しをまとめると。

化粧品は対象年齢ごとに含む成分が変わってきます。

そして、化粧品の正しい対象年齢は、おおむね起用されているタレントさんによって表現されています。そのタレントさんの属性と自分とが、近いのか遠いのかを考えることで、その化粧品が自分に合うのか合わないのかを予想することができます。

「そんなの当たり前だ!」と言われてしまえばそれまでですが(笑)。ただ対象年齢とかけ離れたアイテムを選ぶときは注意が必要です。

オルビスユーはシンプルケアが魅力だったりします。でも、自分の肌がシンプルケアだけで本当に十分なのかは、よく吟味しておく必要があるでしょう。

 

\公式サイトはコチラ/


 

 

 

 
オルビスユーは30代くらいのまだ比較的は肌が若い人のためのエイジングケア化粧品です。保湿力が高く、低刺激なのも魅力。毛穴効果も期待できます。低刺激という点ではファンケルも同じくらい人気ですよね。とくにモイストリファインは毛穴ケアに重点を置いた保湿力のあるシリーズです。毛穴ケアセットは人気クレンジングのマイルドクレンジングも使えるのでお得。毛穴を重点的にケアしたい人は要チェック!口コミ暴露!毛穴効果ならマイルドクレンジングよりモイストリファイン?

Copyright© 40代からのオルビスユー , 2020 All Rights Reserved.